【強さランキング】鋼の錬金術師のエドワード・エルリックの戦闘力は?

AIで本気のスカウターを作ろう

AIで本気のスカウターを作るため、漫画・アニメキャラの戦闘力を検証しています。
本日は「鋼の錬金術師」のエドワード・エルリックの戦闘力を検証します。

※ スカウター公開してます → 本気のスカウター

鋼の錬金術師とは

鋼の錬金術師の概要

『鋼の錬金術師』は『月刊少年ガンガン』にて、2001年から開始し7,000万部を超えた発行部数を誇る人気作品です。錬金術が存在する架空の世界を舞台としたダーク・ファンタジーであるが、雰囲気が暗くなりすぎないイベントシーンなどに評価が高い。

wikipediaより

鋼の錬金術師はキャラクターが魅力的で錬金術がかっこよく、私もお気に入りの作品です。

【中古】鋼の錬金術師 【完全版】 <全18巻セット> / 荒川弘(コミックセット)

価格:9,898円
(2019/10/9 19:17時点)

鋼の錬金術師のあらすじ

エドワードとその弟アルフォンスは、幼き日に亡くなった母親を思うあまり、死んだ人間を甦らせるという錬金術最大の禁忌、人体錬成を行ってしまう。しかし、錬成は失敗し、エドワードは左足を、アルフォンスは体全体を失う。
己の片腕と引き換えに辛うじて、弟の魂を繋ぎ止め、鎧に定着させることに成功したが、その代償はあまりにも大きすぎるものであった。
エドワードはアルフォンスと共に、失った全てを取り戻すため、絶大な力を持つ「賢者の石」を探す旅にでる。
右腕と左足を鋼の義肢「機械鎧(オートメイル)」に変えた彼を、人は「鋼の錬金術師」と呼ぶ。

エドワード・エルリックとは

本作の主人公。通称「エド」。史上最年少で国家錬金術師の資格を得た錬金術師で、国家錬金術師の証として大総統から賜った二つ名は「鋼」。
一般常識は弁えているが性格は粗暴でがさつ。悪ガキそのもので悪知恵に長けており、他人には容赦ない。その一方、勉学に対する姿勢は非常に真摯な努力家かつ人情家で正義感が強く、思いやりもあり、総じて繊細で感受性の強い人物と言える。
錬金術師として超一流の能力を有しており、真理の扉からの帰還や特定人物の魂の錬成、史上最年少での国家錬金術師資格取得などがそれを証明している。また真理の扉を見ているため、錬成陣を書かずに錬金術を発動でき、師のイズミと同様に「手合わせ錬成」が可能。

【中古】 鋼の錬金術師 BOXSET-ARCHIVES- /荒川弘(原作),朴□美[パクロミ](エドワード・エルリック),釘宮理恵(アルフォンス・エルリック),伊藤 【中古】afb

価格:8,777円
(2019/10/9 19:40時点)

エドワード・エルリックの戦闘力

エドワード・エルリックの戦闘力は50と推察します。
今回、悩みました。根拠薄いです。
エドワードは強いですが肉体的には人の域を出ません。錬金術も壁を錬成したり武器を錬成したり、まあ、バズーカ等の協力な武器を持った複数人でかかれば勝てるんじゃない?というもなです。
なので人の域は出ないと考えました。後は他の漫画キャラとの相対評価で、錬金術があるので北斗の拳のケンシロウには勝てそうということで50にしました。

漫画キャラの戦闘力比較

まんがを読むなら電子書籍↓↓↓が手軽でお勧めです。

本日は以上となります。考察に間違いなどあればご指摘ください。

よろしくお願いします

また、あくまでも相対的比較による推定のため、今後の他のキャラの考察によって見直しが入るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です